お知らせ

楽しみ方は手に取ってくださった方々のアイデア次第。

そんな「ありそうでなかった!」というアイテムを届けたい、と、水縞では商品開発を続けてきました。

その想いで生まれた商品には、ひとつひとつに、誕生のきっかけとなったアイデアと、様々な使い方のアイデアが存在します。

手前勝手ではございますが、それぞれの商品にまつわるSTORYをお伝えすることで、より商品を楽しんでいただけるのではと、本ページを立ち上げました。

商品STORY担当のスタッフIが、定期的に公開していきます。ご覧いただければうれしく思います。

空白に自由な“始まり”を作り出す「ページヘッド」シリーズ

水縞のものづくりでは、『ありそうでなかった!』というものを届けるとともに、日頃は文房具を手に取らない方にも、使ってみたいと思っていただけるアイデアやデザインであることを大切にしています。

スケジュールハンコも、押して楽しいだけでなく、実用性の高さも兼ね備えることで、男性にもファンが広がっているアイテムです。
(「スケジュールハンコ」誕生STORYはこちら

このスケジュールハンコの新しい仲間「ページヘッド」たちの特徴も実用性の高さ。
その名のとおり、このハンコが押された所がその日やその仕事の“始まり”として機能します。

このアイデアが生まれるきっかけとなった出来事は、日頃の自分たちのノートの使い方に気がついたことでした。

打ち合わせで集まると決まって何人かが、ノートにまず始めにつつつーと横線を引いて日付を書き込む。
それを見て「『ノートの内容を改めたい』というタイミングで、仕切り直しのために横線を引く。この行為をハンコにできないか」と考え始めます。
日付は大きく書き込めるようにし、ノートがより見やすく整理されて見えるように意識しました。

夏にTRAVELER’S FACTORYさんで展示イベント開催のお話も進んでいたため、トラベラーズノートと共に使用いただく提案もさせいただきました。

「水縞移動文具店 at TRAVELER’S FACTORY」と題したそのイベントでは、中目黒、東京駅、成田空港の3店舗に水縞のポップアップコーナーが登場し、トラベラーズノートの大きさに合わせた特別仕様の「大人の練習帳」を限定で販売。

水縞スタッフも大好きなトラベラーズノートさんとご一緒できたことで、たくさんの方にページヘッドハンコを楽しんでいただけるステキな場となりました。

【使い方・楽しみ方】あなたはどのように使いますか?

1日のノートの使い始めにまず押してほしいハンコ。 ハンコの押されているところから、その日が始まったことが一目瞭然になることから、「ページヘッド」という名を付けました。

同じページ内に複数の日にちの内容が書き込まれても、見返しやすく、またノート内がきれいにまとまります。

「ハンコ ページヘッド スケジュール」

「ハンコ ページヘッド TO DO」

「ハンコ タスク ウィーク」

ページヘッドとセットで使ってほしい、忘れたくないタスクをチェックするハンコ。

お掃除、トレーニング、日々の業務などを、タスクごとに1週間単位で毎日チェックできます。

みなさまのステキな使い方を、もしよければ、ぜひ「#水縞」で私たちまでお知らせください!新たな色柄薄紙の可能性に出会えることを、心から楽しみにしています。